おすすめ記事

産み分けゼリーに『ベイビーサポート』を選んだ理由と使用した感想 他ゼリーとの比較も

ベイビーサポート
  • 産み分けゼリーにはいろいろあるけどどれがおすすめなの?
  • 2人目、3人目はどうしても男の子が欲しいけどベイビーサポートって正直どうなの?

そんな悩みや疑問をお持ちのあなたへ。

実際にベイビーサポートを購入して使用した私が、ベイビーサポートを選んだ理由と使用感をお伝えします。

産み分けゼリーは製造元によって種類がいくつかありますが、その中でも我が家ではベイビーサポートを選びました。

詳細は後述しますが決め手となったのは内容量、安全性、適切なpH値です。

今回は以下の内容について書いていきます。

本記事の内容
  • 産み分けゼリーで重視すべきポイント
  • ベイビーサポートを選んだ理由
  • 実際にベイビーサポートを使用した感想
  • 他の産み分けゼリーとの比較

値段は1~2万円と若干高めですが、その金額で念願だった息子とのキャッチボールが実現するのであれば安いものと思います。

あなたがどうしても男の子が欲しいというのであれば参考になると思うのでぜひこの記事を読んでみてください。

ちなみに、今なら返金キャンペーンを行っているので、ベイビーサポートの購入は公式ページからがおすすめです。

目次の項目をクリックすると見たい項目のところまでジャンプできます。

産み分けゼリーで重視すべきポイント

そもそも産み分けゼリーとは何か?

産み分けゼリーについて初めて聞いたという人もいると思います。

産み分けゼリーとは性交前に、女性の膣内に注入しておくことで、望んだ性別の赤ちゃんを生まれやくするゼリーのことです。

男の子産み分け用のゼリーと女の子産み分け用のゼリーがあり、それぞれグリーンゼリー、ピンクゼリーと呼ばれたりします。

初めて聞いた方は、そんな夢みたいなゼリーがあるのかと思うかもしれませんが、その仕組みには科学的な根拠があります。

産み分けゼリーのメリットは時間をかけずに簡単に使える点

男の子の産み分け方法として知られているリンカルの服用は、性交前に女性が2~3か月以上リンカルを服用する必要があるため、すぐに子作りを開始することができないのがデメリットです。

これに対して、産み分けゼリーは手元に届けばすぐに使用することができるため子作りをすぐに開始することができます

それに加えてゼリーが専用の容器に入っているため、初めてでも簡単に使えるようになっていることもメリットの1つです

産み分けゼリーの仕組みは最適なpHへの調整

産み分けゼリーは、膣内のpH(酸性、アルカリ性の度合いを示す値)を調整することで、望んだ性別の赤ちゃんを生まれやすくするものです。

男の子産み分け用のゼリーは若干アルカリ性のもの、女の子産み分け用のゼリーは若干酸性のもので、それぞれpHが違います。

では、なぜpHを調整することで産み分けができるのでしょうか?

精子は実は2種類ありY精子が受精すると男の子が生まれる


精子は遺伝情報を記録した染色体というものを持っています。

染色体の中には赤ちゃんの性別を決定する性染色体というものがあり、性染色体はXとYの2種類があります。

Xの性染色体を持つ精子が卵子と受精すると女の子が生まれ、Yの性染色体を持つ精子が卵子と受精すると男の子が生まれます

産み分けゼリーはこのX精子とY精子の特徴を利用することで、産み分けの成功率を上げているのです。

Y精子はアルカリ性に強い

Y精子はアルカリ性に強く、酸性に弱いという特徴があります。

そのため、男の子産み分け用のゼリーを使って、膣内をアルカリ性の環境にするとY精子が受精しやすくなり、男の子が生まれやすくなるのです。

産み分けゼリーで重視すべきポイント


以上で説明した内容も踏まえて産み分けゼリーで重視すべきポイントについて解説します。

まず先に書いてしまいますが、産み分けゼリーで重視すべきポイントは以下の5点です。

  • pH値
  • 内容量
  • 安全面
  • 使いやすさ
  • 金額、コスト

pH値は7.5~8程度が目安

産み分けゼリーの仕組み上、pH値はしっかり確認しておいた方がいいポイントです。

女の子であれば弱酸性、男の子であれば弱アルカリ性がいいですが、酸性・アルカリ性が強すぎてもお母さんの体に悪いですし、中性に近すぎると効果が薄くなってしまいます。

男の子用の産み分けゼリーであればpHがだいたい7.5〜8程度が目安になると言われています。

pH値が7に近すぎるとほぼ中性になってしまい、効果が現れにくい可能性が考えられます。

内容量が少なすぎないかもチェック

内容量も確認しておくべきポイントです。

産み分けゼリーの種類によって、1回あたりの量が、少ないものでは1.6ml、多いものでは4.5mlであり、約3倍近い差があります

1回あたりの内容量が少ないと性交を行う際に足りなくなる場合があり、産み分けの効果が弱まってしまう可能性が考えられます。

1度に2回使えば量は足りるでしょうが、その分コストがかかってしまいます。

いずれにしても、内容量ができるだけ多いものの方が性交時に安心して使用することができるので、内容量もしっかりチェックするようにしましょう。

安全性は特に大事なポイント

産み分けゼリーを使用する部位は女性の膣内であり非常にデリケートなため、安全性がしっかり確認されたものを使用したいところです。

万が一でも、赤ちゃんを産む母体に悪影響があるようなものは使用すべきではありません。

安全性検査がしっかり実施されているか?品質管理が適切に実施されているか?

など安全性に関わる点もしっかり確認しましょう。

使いやすさもチェック

産み分けゼリーは種類によって、そのまま使える使い切りタイプのものや、湯煎しないと使えない少し面倒くさいものがあります。

普段使い慣れていれば、使い方も間違えないでしょうが、産み分けのときしか使用しない場合は使い方を間違えないか不安ですよね。

使い慣れていなければ、無難に使い切りタイプのものを買った方がミスが無くて安心です

また、使い切りタイプのものは1回分ごとに梱包されているので、衛生面の点でも安心です。

金額、コストは無視できません

金額は無視できない点ですね。

産み分けゼリーはその品質、安全性に気をつかって作られているため決して安いものではありません。

もし金額が安くても効果が無かったり、安全性が疎かにされていたら意味ありません。

我が家がベイビーサポートを選んだ理由

我が家がベイビーサポートを選んだ理由は以下の4点が他の産み分けゼリーよりも優れていると判断したからです。

・安全性
・内容量
・pH値
・実績(成功率)

それぞれについて詳しく解説します。

安全性:徹底した品質管理による安心感

産み分けゼリーにまず求められるものは安全性と思います。

仮に母体や赤ちゃんに悪影響が出る可能性があるゼリーであった場合、安心して使うことができません。

ベイビーサポートは安全性を保障するため、以下のような徹底した品質管理が行われているため、安心して使用することができました

・皮フ刺激性試験クリア
・ゼリー、容器などすべて日本製
・クラス10,000以下のクリーンルーム※
・全成分公開

※クラス10,000以下のクリーンルームとは医療業界向け製品の衛生環境下であり手術室での基準値になるほどの清潔な空間にあたります。

内容量:4.5mlと充分な内容量

ベイビーサポートは他の産み分けゼリーと比べての1回あたりの内容量が多いといった特徴があります。

内容量が少ないゼリーでは1.6mlであるのに対してベイビーサポートは4.5mlも入っており、約3倍近い差があります。

量が不足すると産み分けの効果が出ない可能性もあるため、内容量が多いというのも決め手の1つとなりました。

pH値:7.5~8と適度な値

男の子の産み分けのためには産み分けゼリーはアルカリ性である必要があります。

pH値が高くなりすぎると刺激が強くなり母体に悪影響が出てしまいますが、逆に中性(7.0)に近すぎてもアルカリ性の度合が弱く、産み分けの効果が弱くなってしまいます。

低すぎず高すぎずが良いのですが、ベイビーサポートのpH値は7.5~8と適度な値になっています。

他社の産み分けゼリーはpH値が非公開のものや、7.2と中性に近く効果があるか不安であったためベイビーサポートを選択しました。

実績(産み分け成功率は80.4%)

産み分けゼリーを使用した際の成功率が高く実績があるというのも1つのポイントになりました。

以下はベイビーサポートのカスタマーセンターに成功率を質問した回答ですが、ベイビーサポートを使ったときの男の子の産み分け成功率は80.4%とのことでした

これを高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、他社の産み分けゼリーのほとんどは成功率が70%台の値です。 また、何もしない場合に男の子が生まれる確率が約50%であることを考えると、80.4%というのは非常に高い確率であると私は感じました

加えて、商品を売るだけでなく、売った後の産み分けの成功率まで定期的にしっかりと調査をしている点についても好感が持てました。

ただし、効果に個人差もあるためどうしても100%とはならないことも理解しておかなければなりません。

実際にベイビーサポートを使用した正直な感想、口コミ

我が家では既にベイビーサポートを使用して産み分けを実践中です。

ここでは実際に使ってみて感じた正直な感想と一部残念に思ったことを書いていきます。

配達までの日数

私がベイビーサポートを公式ページで注文した際は2日程度で届きました。

1週間くらいはかかるかなと思っていたので思いのほか早く届いたので少しびっくりしました。

配達先や休業日などによってもばらつきがあるとは思いますが、注文からおよそ2~3日程度で届くものと思われます。

梱包状況、届いたもの

荷物は佐川急便で届きました。

普通の段ボールに入っており、外観からは何が入っているかわからないようになっていました。
人によっては産み分けゼリーを買ったのを知られたくない人もいると思いますのでこれは嬉しいですね。

箱を開けてみると写真のようにメッセージとリンカルが入っていました。

リンカルを頼んだ記憶は無かったため、何だコレ?と思いましたが、よく見ると1週間分のサンプルでした。

メッセージの紙の下にベイビーサポートの産み分けゼリーfor boyが入っていました。

2箱以上購入すると返金キャンペーンを受けることができるため、もちろん私は2箱購入です。

中には空間を埋めるための梱包材もちゃんと入っており、配達中に中身が暴れないように梱包されていました。

写真に撮り忘れてしまいましたが、皮フ刺激性試験にクリアしたことの証明書も箱の中に入っていました。

産み分けゼリーは内容量もしっかり

箱を開けると以下のように1回分ごとに個包装された産み分けゼリーが7本入っていました。
個包装になっているので、衛生的にも安心です。

産み分けゼリーの容器は下の写真のような感じで、キャップと産み分けゼリーを押し出すための押子がついているシンプルな構造です。

キャップを取るとこんな感じ。
早めに取ると漏れてしまうかもしれないので使う直前に取りましょう。

どれくらい入っているのかを確認するため、試しにゼリーを出してみました。
4.5mLと言うだけあって確かに結構な量が入っています。

手で触ってみてどんな感じかを確認。
サラサラという感じではなく結構粘度がある感じです。
刺激性などは全く感じませんでした。

実際に使用してみた感想

ここからは性交の際に実際に使用してみた感想です。

予想通り使いやすい

シンプルな構造からわかるとおり、使い方は容器を膣内に入れてゼリーを押し出すだけです。

容器が太すぎることもないので、スルッと入って簡単に注入できました

初めてでしたが迷うことなく簡単に使用することができました。

使い心地、多すぎてゼリーが漏れるということは無い

ベイビーサポートは4.5mLと内容量が多いため、漏れたりしないかと気にされるかもしれません。

実際に使ってみましたが漏れることはありません。

使い心地としては挿入しても膣内にいっぱいゼリーがあるという感じではなく、動いていると徐々に膣内がヌルヌルしてくるといった感じで、丁度よいくらいの量だと思います。

冷たくてヒヤッとすることもなく使い心地はよかったです

また、粘度も結構あるのでそれも漏れにくい1つの要因と思います。

ゼリーによる肌トラブルなどは無し

既にベイビーサポートを何度か使用しましたが、私、妻ともにかぶれや痛みなどの肌トラブルはありませんでした。

少し残念だった点

ベイビーサポートは使いやすく、また使い心地も良かったのですが1点だけ残念な点がありました。

個包装が破れにくくなかなか開けられない

残念な点というのは個包装が開けにくいという点です。

産み分けゼリーの個包装のビニールは以下の写真のような感じで、一応ビニールを破いて開ける用の切れ込みが入っています。

しかし、この切れ込みを使って開けようとしてもビニールがなかなか破れないため開けるのに時間がかかってしまうのです。

私は手で開けることができず、結局ハサミで切って開けました。

産み分けゼリーを使うのは挿入する直前になると思いますが、そのときにビニールがなかなか開けられないとせっかくのムードが台無しになってしまいます。

そこで、私からのアドバイスとしては、前戯を始める前に前もってビニールをハサミで切っておき、すぐに使えるようにしておくことをおすすめします

これでスムーズに取り出すことができ、ムードを壊さずに産み分けゼリーが使うことができるでしょう。

購入する場合は2箱、3箱がおすすめ

ベイビーサポートは1箱からでも購入できますが、2箱、3箱の購入がおすすめです。

その理由は以下の2つです。

  • 2箱以上購入すると返金キャンペーンが受けられる
  • 2箱、3箱購入すると割引が受けられる

2箱以上購入すると返金キャンペーンがある

ベイビーサポートは2箱以上まとめて購入した場合、返金キャンペーンが受けられます。

これは2箱以上購入して、妊娠により産み分けゼリーが余った場合、余った本数×1000円の返金が受けられるというものです。

多めに買っても無駄になることがないのでめ安心ですね。

ただし、返金キャンペーンは毎月先着500名の購入者限定ですので、ベイビーサポート購入希望の方は今すぐ購入することをおすすめします

公式ショップのページの下の方に行くと以下の画像のようになっていますが、まだ500名に達していなければ「最大20,000円返金つきキャンペーンで」という言葉が注文するという言葉の前に付いているのでそれを確認してから購入しましょう。

また、「1箱購入するのと2箱以上購入するのは実際どちらがお得なの?」と疑問に思う方もいると思うので、使用本数ごとに費用を試算しました。

使用本数1箱購入2箱購入
1本15,830円11,288円
2本15,830円12,288円
3本15,830円13,288円
4本15,830円14,288円
5本15,830円15,288円
6本15,830円16,288円
7本15,830円17,288円
8本31,660円18,288円
9本31,660円19,288円
10本31,660円20,288円
11本31,660円21,288円
12本31,660円22,288円
13本31,660円23,288円
14本31,660円24,288円

1箱購入の場合で8本以上使用する場合は同じ金額でもう1箱購入する想定であり、2箱購入した場合は返金キャンペーンが受けられるので、余った本数×1,000円を引いた金額にしています

また、いずれも税込価格として、1箱購入の場合は送料650円もかかるのでそれも含めて試算しています。

表を見て明らかなように2箱以上購入した方がお得になる確率が高いです

6本もしくは7本使用したときのみ1箱購入した方がお得になりますが、8本以上となった場合は2箱以上購入に比べてかなり高くなってしまいます。

私が産み分けしたときは8本使用したので、2箱購入しておいて本当によかったと思いました。

この試算結果からも私は2箱以上購入するのをおすすめしています。

2箱、3箱購入すると割引が受けられる

ベイビーサポートは1箱からでも購入できますが、2箱もしくは3箱購入した場合割引が受けられます。

1箱購入する場合は13,800円ですが、3箱購入した場合は1箱あたりの値段が9,660円(3箱で28,980円)となり、なんと4,140円もお得になります

割引率にすると驚異の30%OFFでありかなりお得ですね。

返金キャンペーンの返金額は最大2万円までですが、1箱7本入りで3箱で21本のため、1本使っただけで妊娠した場合いでも残り20本は返金してもらうことができ、余ったときの心配もありません。

何より妊娠したくてもいつ妊娠できるかはわからないので、1箱使って足りなかったらもう1箱と買い足していくよりもまとめて買ってしまった方がお得であり手間もかかりません。

ベイビーサポートと他の産み分けゼリーとの比較

最後にベイビーサポートと他の産み分けゼリーとの比較です。

ベイビーサポートは1回あたりの金額が若干高いですが、安全性や内容量、pH値などの点で優れていると感じたため、私は使うことに決めました。

また今なら、公式ページから2箱以上購入すると余ったゼリー1本につき1,000円の返金キャンペーンを実施しているので、購入する場合は公式ページからがおすすめです!

商品名ベイビーサポート
for boy、for girl
グリーンゼリー
ピンクゼリー
Green Jelly
Pink Jelly
販売元アイテックシュンビーSS研究会
1箱内の本数7本10本約5回分
金額(税抜)1箱 13,800円
2箱 22,080円
3箱 28,980円
1箱 14,800円
2箱 26,600円
3箱 38,400円
1箱 10,000円
(登録料5,000円)
1回あたりの金額(税抜)1箱購入 1,971円
2箱購入 1,577円
3箱購入 1,380円
1箱購入 1,480円
2箱購入 1,330円
3箱購入 1,280円
約2,000円
余ったゼリーの返金キャンペーン1本1,000円
最大20,000円まで
(2箱以上購入に限る)
1箱10,000円
最大10,000円まで
(未開封かつ2箱以上
購入に限る)
なし
pH値(男の子用)約7.5~8約7.2非公開
pH値(女の子用)約4.5~5約4.0非公開
内容量4.5ml1.7ml調整可能
(約3~4ml)
安全面皮フ刺激性試験クリア
ゼリー、容器など
すべて日本製

全成分公開
全成分公開安全性は実証されて
いるとの記載のみ
使いやすさ使い切りタイプ 使い切りタイプ 湯煎する必要あり
シリンジは再利用
公式ショップへのリンクベイビーサポート>>グリーンゼリー>>ピンクゼリー>>産み分けネット>>

最後に:産み分けゼリーを使おうか悩んでいる方へ

あなたに男の子が欲しいという気持ちがあるのであれば、産み分けゼリーはぜひ使用すべきと思います。

産み分けは100%成功するとは言えませんが、ベストを尽くした上で上手くいかなければ諦めもつきます。
それよりも、数万円の出費をケチって男の子が生まれなかったときに、あのとき産み分けゼリーを使っていればとずっと後悔してしまう方がよくありません。

子供の出産、子育てにはトータルで数千万円の費用がかかると言われています。
産み分けゼリー自体は決して安い買い物ではありませんが、出産、子育てにトータルでかかる費用に比べたら微々たるものです

たった1~2万円の出費で夢にまで見た息子とのキャッチボールや可愛い息子とのデートが実現できるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

念願の男の子を授かるためにぜひあなたも産み分けゼリーを使ってみてください。

 

\毎月先着500名まで返金キャンペーン実施中!/ \あなたに合う産み分けゼリーがきっと見つかる/
\産み分けに興味のある夫婦必見!/