産み分け方法

出生前診断サービスの比較【出産前に染色体異常や性別がわかる】

  • 出産前に我が子の性別が知りたい
  • お腹の子に先天性の障害がないかを知っておきたい
  • 出生前診断ってどんな検査?

妊娠すると色んなことが気になりますよね。

そんなあなたのために今回は出産前に赤ちゃんの性別や染色体異常のリスクを知ることができる出生前診断サービスについて解説します。

最初に断っておきますが、私は出生前診断は利用しておりません。
色々調べて自分には必要ないと思ったため受けませんでした。

しかしながら、生まれてくる我が子が障害を持っていないか不安になったり、男の子か女の子かが気になってしまう方も多いと思い、出生前診断サービスについて調べた内容を紹介します。

出生前診断とは

出生前診断とは検査を行うことで生まれてくる赤ちゃんに染色体異常が無いか、性別がどちらかを前もって知ることができるものです。

前もって知っておくことで心の準備や治療の準備をしておくことができます

一昔前には倫理的にどうかといった声もありましたが、最近では出生前診断を受ける人も増えており、一般に受け入れられてきている印象です。

出生前診断の種類

出生前診断には「非確定検査」と「確定検査」がありそれぞれにもいくつか種類があります。

非確定検査とは

非確定検査とは母体にもお腹の赤ちゃんにも大きな負担が無く受けられる検査であり、検査による流産や死産のリスクがありません

ただし、診断結果が確定できない検査であるため、結果が陽性であった場合などは後述する確定検査を受ける必要があります。

非確定検査には主に以下の検査があります。

  • 母体血清マーカー検査
  • NIPT(新型出生前診断)

母体血清マーカー検査

母体血清マーカー検査は妊婦の血液を採取して検査することでお腹の赤ちゃんの21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー、開放性神経管奇形(二分脊椎や無脳症など)の確率を算出します。

妊婦の年齢、妊娠週数、母体体重、家族歴などが確率に影響を及ぼします。

この確率がある値よりも高ければ陽性、低ければ陰性と出ますが、精度(陰性的中率)はおよそ80%程度と言われています。

妊娠15〜18週目頃に受けることができ、費用が比較的安価(3万円程度)という特徴がありますが、他の検査と比べると精度が低めという特徴があります

NIPT(新型出生前診断)

NIPT(新型出生前診断)は妊婦から採血し、血液中のDNAのかけらを集めて染色体異常や性別を調べる検査です。

日本では2013年から検査が開始されています。

妊娠10週以降と早くから検査を行うことができること、精度(陰性的中率)が99%以上と非常に高いことが特徴として挙げられますが、検査には高額の費用(20万円程度)がかかります

確定検査

確定検査はその名のとおり診断結果が確定できる検査のことです。

非確定検査と違ってわずかですが流産のリスクがあります。

非確定検査で陽性の結果が出た場合でも実際には陰性である可能性がある場合もあるため、確定検査で診断を確定させるのが確実です。

確定検査には主に以下の2種類があります。

  • 絨毛検査
  • 羊水検査

絨毛検査

絨毛検査は妊婦のお腹に針を刺して絨毛という細胞を採取してお腹の赤ちゃんの染色体異常などを診断するための検査です。

妊娠11〜14週に検査を受けることができます。

採血だけの検査よりも絨毛には多くの情報があるため、染色体疾患全般の検査を行うことができ診断結果も確定できますが、約1%(1/100)の確率で流産・死産になるリスクがあります

羊水検査

羊水検査は、妊婦のお腹に針を刺してお腹の赤ちゃんを保護している液体である羊水を採取して検査する方法です。

妊娠15週以降に受けることができます。

羊水検査も染色体疾患全般の検査を行うことができ診断結果も確定できますが、約0.3%(1/300)の確率で流産・死産になるリスクがあります

受けるべき出生前検査は?

どの検査を受けるべきかはその人の状況によって変わりますが、まずは流産リスクのない非確定検査を受け、それで陽性であれば羊水検査などの確定検査を受けるべきと思います。

非確定検査には、主に母体血清マーカー検査とNIPT(新型出生前診断)がありますが、それぞれ向いているのは以下のような人です。
母体血清マーカー検査を受けるのに向いている人
母体血清マーカー検査を受けるのに向いているのは以下のような人になります。

  • 費用は安い方が良い
  • 精度はある程度あれば良い

NIPT(新型出生前診断)を受けるのに向いている人

NIPTを受けるのに向いているのは以下のような人になります。

  • ある程度は費用がかかっても良い
  • 精度の高い方法で検査がしたい
  • できるだけ早くから検査がしたい
  • 赤ちゃんの性別が知りたい
  • 多くの項目の検査がしたい

ただし、認可施設でNIPTを受けると性別を教えてもらえないことがあるので、性別が知りたい方は認可外の施設を選んだ方がよいと思います。

認可施設と認可外施設の違い

この後NIPTの検査を受けられる認可外施設をいくつか紹介しますが、まずは認可施設と認可外施設の違いを簡単に説明します。

日本産婦人科学会から認定を受けている施設が認可施設であり、それ以外が認可外施設になります。

どうせなら認可施設で受けた方がようと思うかもしれませんが、認可施設で検査を受けられる条件は以下です。

認可施設で検査を受けられる条件
  • 出産時の年齢が35歳以上の方
  • 妊婦健診で赤ちゃんの異常を有する可能性があると指摘された方
  • 染色体異常を有する子供を妊娠、出産したことがある方

また、認可施設で検査を受けるには、以下の制限もあるため、検査を受けられる条件に当てはまらない方が多くいるのが現状です。

  • パートナーの同伴が必須
  • 医師からの予約・紹介状が必要
  • 検査までに2~3回のカウンセリングを受ける必要あり

さらに認可施設では染色体異常の検査が主な目的のため、お腹の赤ちゃんの性別は判定してくれないところがほとんどです。

そのため、上記条件に当てはまらない方や、赤ちゃんの性別も検査したいという場合は認可外施設でNIPTの検査を受ける必要があります

NIPT(新型出生前診断)の検査を受けられる認可外施設

認可外施設であっても実績が多く医師の手厚い支援を受けられるところもあるので、しっかりと施設の特徴を調べておくことが大切です。

最後にNIPTの検査が受けられる認可外施設を紹介します。

八重洲セムクリニック、奥野病院



産婦人科専門医の新型出生前診断(NIPT)【八重洲セムクリニック】

産婦人科専門医の新型出生前診断(NIPT)【奥野病院】

八重洲セムクリニックと奥野病院で検査する際のメリット

経験豊富な産婦人科医が担当

認可外施設では産婦人科医以外の医師が担当していることが多いですが、このクリニックでは産婦人科医が担当してくれるので、安心して受診することができます

検査前に遺伝子カウンセリングも受けられるのも良いところです。

検査後のアフターフォローが充実

検査で陽性反応が出た場合は確定検査(羊水検査)を受ける必要があります。

羊水検査は産婦人科医しか行えませんが、多くの認可外施設は産婦人科医がいないため羊水検査は別のクリニックで受けなくてはいけません。

これに対して八重洲セムクリニックと奥野病院には産婦人科医がいるので羊水検査も同じクリニックで受けられます

さらに陽性時に羊水検査を受ける場合は全額無料なので費用面も安心です。

検査会社は実績多数のベリナタヘルス社

採血した血液は、NIPT先進国のアメリカの検査会社で検査します。

現在国内の検査場で検査をする病院も増えてきましたが、検査は検査技師の技術が必要です。

世界で100,000件以上の検査実績を持つ検査会社の精度の高い検査が受けられます

八重洲セムクリニックと奥野病院で検査する際のデメリット

費用が高い

NIPTの検査にかかる費用としては一般的ではありますが、税込215,600円〜253,000円はやはり高額な部類に入ると思います。

費用と検査内容は以下になります。

基本検査:196,000円(税込215,600円)

21,18,13番の3つの染色体と性染色体の4つ染色体異常の検査ができるプランです。性別の判定も可能です。

上記の4つ染色体異常の割合は染色体異常が見つかった方の75%を占めるのでほぼ網羅できれば良いという方におすすめです。

全染色体検査:220,000円(税込242,000円)

全23染色体を検査できるプランです。性別の判定も可能です。

ここまで来ると下の「全染色体+微小欠失検査」のプランを選ぶ人の方が多いと思うので、このプランを選択する人はあまりいないと思います。

全染色体+微小欠失検査:230,000円(税込253,000円)

全23染色体と染色体の一部の欠けや重複等の細かい部分まで検査できるプランです。性別の判定も可能です。

少しでも心配を残したくないという方はこちらのプランがよいと思います。

いずれも結構な費用になるため本当に自分たちに必要かをしっかり考えてから検査を受けるようにしましょう。

受けられる場所が限られる

八重洲セムクリニックは東京都中央区、奥野病院は大阪府大阪市阿倍野区にあるため必然的に受けられる場所が限られてしまいます。

関東、関西以外の方は別のクリニックを探す必要があります。

産婦人科専門医の新型出生前診断(NIPT)【八重洲セムクリニック】

産婦人科専門医の新型出生前診断(NIPT)【奥野病院】

ラジュボークリニック、他提携クリニック



【ラジュボークリニック】はこちら

ラジュボークリニックで検査する際のメリット

全国各地に提携院がある

ラジュボークリニックとその提携院は全国各地にあります。

詳細は公式ページを見てもらえばわかりますが、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄に提携院があるのが特徴です。

費用が比較的安い

NIPT検査の中では費用が比較的安いのが特徴です。

ミニマムプラン:80,000円(税込88,000円)

13,18,21トリソミー検査が受けられます。

ただし、このプランでは性別の判定はしてくれません。

また、陽性だった際に羊水検査を受ける場合は別途費用がかかります。

シンプルプラン:120,000円(税込132,000円)

13.18.21トリソミー検査+性染色体検査のプランです。このプランでは性別の判定ができます。

さらに、シンプルプラン以上のプランであれば陽性だった際の羊水検査の費用は全額クリニックが負担してくれます。

スタンダードプラン:150,000円(税込165,000円)

13.18.21トリソミー検査+性染色体検査+左記含む全染色体検査(1~22番トリソミー検査)のプランです。性別の判定もできます。

フルセットプラン:170,000円(税込187,000円)

13.18.21トリソミー検査+性染色体検査+左記含む全染色体検査(1~22番トリソミー検査)+微小欠失検査のプランです。性別の判定もできます。

ラジュボークリニックで検査する際のデメリット

産婦人科ではない

ラジュボークリニックは産婦人科ではなく美容皮膚科です。

認定遺伝カウンセラーは在籍しているため、問題なく検査は受けられると思われますが、羊水検査などが必要になった場合は恐らく別の産婦人科で検査を受ける必要があると考えられます。

また、不安を払拭するため産婦人科で検査を受けたいという方は先程紹介した八重洲セムクリニックや奥野病院で受けるべきと思います。

【ラジュボークリニック】はこちら

まとめ:出生前診断について

今回は出生前診断のサービスについて紹介しました。

一昔前では検査を受ける人も多くありませんでしたが、最近では不安を払拭するため、前もって準備しておくために検査を受ける人も増えているようです

我が家の場合は結局検査受けませんでしたが、私の職場の人でも受けたという人がいたので、どんどん一般的な検査になっているのを感じました。

費用がそれなりにかかるので、全員が受けるべきという検査ではありませんが、出生前診断を受けることで不安が払拭されるのであれば受ける価値はあるかもしれません

産み分けをしている方は早くから性別がわかるので出産までずっと気を揉む思いをしなくてよくなるのも良い点です。

気になる方はパートナーと相談して受信を検討してみてください。

\毎月先着500名まで返金キャンペーン実施中!/ \あなたに合う産み分けゼリーがきっと見つかる/
\産み分けに興味のある夫婦必見!/